手相とコミュニケーションの関係について紹介するサイト

>

自分の手相を見る

民間資格を取得する

手相に資格があるとはいえ、国家資格というものはありません。
民間の資格ではありますが、持っていることで相談者の信頼を得やすいでしょう。
いずれプロの手相占い師になりたいと思っているなら、ぜひ資格を取得しましょう。
ちなみに手相占いの資格というのは、日本インストラクター協会が主催している手相鑑定士資格や、日本アロマメディカル心理セラピー協会が主催しているパームリーディングアドバイザー資格などがあります。
パームリーディングとは、手相から相談者の未来を分析していくものです。
これらの資格を取得したいと思った場合、占いの学校に通ったりすれば何十万とお金がかかってしまいますが、個人で勉強し資格を取得するのであれば10万円以内で納めることができるでしょう。

講座を受講しよう

手相に関する資格は、講座を受講することで取得することもできます。
例えば諒設計アーキテクトラーニングが主催する手相資格や、SARA スクールジャパンが主催する手相資格です。
これらの資格は最短でも2ヶ月程度で取得できるのでおすすめです。
プロとして活躍したいと思っているなら、すぐに資格を取得できるというのはとても嬉しいことなのではないでしょうか。
ただいくら資格を取得しても、自分の実力を証明することにはならないので、実際には現場で経験を積まなければいけません。
もしプロの占い師になることを考えているなら、弟子入りし 学ぶというのも手ですね。
また時間とお金に余裕があるなら、複数の手相資格を取得していると活躍できる場が広がります。
例えば占いセミナーを開催するなら、資格があった方が信頼 されることでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る