手相とコミュニケーションの関係について紹介するサイト

>

変わっていく手相

基本を学んでたくさんの手相を

手相の勉強するなら、とにかくたくさんの人の手相を見ることが重要です。人によって手のひらの線というものは違うので、実際に色々な手相を見ることによって勉強になるのです。
とはいえ、まずはしっかりと基本を覚えないといけません。
手のひらに刻まれている線や丘の名称をきちんと暗記するのです。
これを暗記していなければ、いくら手のひらを見ても何もわからないでしょう。
手相の本を見て暗記するのもいいですし、もし機会があれば本物の占い師の人から教えてもらうのもいいですね。
基本を暗記した後は、手のひらの中の最も肉付きが良い部分はどこかといったことに注目しながら見ていきます。
そしてどんな線があるのかといったことも合わせてチェックしていくのです。
手相を見せてもらえる機会があっても、覚えるのは難しいという人は、手のひらの写真を撮らせてもらって後から調べながら チェックするというのもいいですね。

手相占いの際の注意点

パーティなど人が大勢集まっている場所でコミュニケーションツールとして手相を見る場合、手相を見せてもらっている相手に同席者がいることがあります。
そんな時、手相の占い結果を伝える場合注意しなければいけないことがあります。
例えば過去の恋愛や結婚などのことについて手相で触れる場合、同席者がパートナーであれば占いの結果に嫌な思いをする可能性もあるからです。
手相を見せてくれた人がはじめから自分の過去の恋愛経験などを話してくれた場合は、占い結果を ストレートに伝えてもいいでしょう。
ただし場合によっては「離婚したことがありますか?」などと聞くより、「過去に恋愛で嫌な思いをしたことはありますか?」などと少し濁して質問をした方がいいでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る