手相とコミュニケーションの関係について紹介するサイト

>

合コンやパーティで!コミュニケーションツールとしての手相占い

コミュニケーション能力がある人の手相

人の気持ちに敏感で高いコミュニケーション能力を持った人には、ソロモンの環という手相があるとされています。
人差し指の付け根に半円の線があれば、それがソロモンの環です。
また、手相占いでは人差し指の下にある丘を木星丘というのですが、この木星丘から人差し指に向かって線が伸びていると、集団コミュニケーションに長けているとされています。
この線は指導線といい、指導線がある人はリーダー的存在になりやすいのです。
集団の中で対立している人がいても、指導線がある人ならば違う考え同士をうまくまとめることができるのです。
このように手相には、コミュニケーション能力に関係したものもあるのです。
初対面の人にこの線があったら、それをきっかけに会話の糸口を探すこともできますね。

コミュニケーション能力の素質があるかも

自分では口下手だと思っていたのに、実はコミュニケーションが上手な素質を持っているということはあります。
手相を見ればそれがわかるのです。
手相といえば手のひらに刻まれている線を見るのが基本ですが、手の形からも色々なことが分かります。
例えば、小指が薬指の第1関節よりも長い人は、コミュニケーションに長けているとされています。
初対面の人との会話を盛り上げたり、短時間で親密になれる素質を持っているのです。
手のひらの形が正方形に近く、中指の長さが手のひらと同じくらいか長い人というのは、話上手な傾向にあります。
頭の回転が速く 、初対面の相手でもすぐに魅了してしま コミュニケーション能力を持っているのです。
もし自分が上記のどちらかのタイプであれば、会話の練習などをしてみれば人間関係が今後うまくいくかもしれませんね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る